どうしてもEDが嫌なら治療薬を使うべき

EDは勃起不全症の略称です。中年以降になると特に勃起不全症に悩まされる男性は多くなります。
特に近年は晩婚化が進んでおり、中年以降に勃起不全症になってしまったら困る方も増えてきているようです。
勃起不全症には治療薬があるため勃起不全症が嫌な場合は治療薬を試してみるべきでしょう。
日本には勃起不全症治療薬としては、バイアグラ(シルデナフィルクエン酸塩)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)の3種類が存在します。
いずれも処方箋医薬品に分類されており、医師の処方がなければ入手することができません。これらはいずれも同じ作用機序で効果を示します。
具体的には血管平滑筋に存在するホスホジエステラーゼVという酵素を阻害することによって、サイクリックGMPという物質の量を増やし、これが結果として血管を拡張させます。
この血管拡張によって陰茎部の海綿体に血液が沢山流入できるようになり、勃起が起こりやすくなるのです。
作用機序は同じもののそれぞれに特徴があります。まず服用するタイミングがバイアグラとレビトラが性行為の1時間前と言われているのに対し、シアリスは3時間前に服用する必要があります。
一方、シアリスは効果発現には時間がかかるものの、作用の持続性ではバイアグラやレビトラより優れています。
またバイアグラとレビトラは食事と2時間以上間隔を空けることが望ましいとされていますが、シアリスは食事の影響が最小限に抑えられているため、食事と間隔を空ける必要はないとされています。
また副作用としていずれの薬も頭痛、低血圧、顔面紅潮、鼻づまりなどが起こることがありますが、シアリスはバイアグラやレビトラと比較して副作用が起こりにくくなっています。
◆長期戦にも負けない!
シアリスの驚くべき持続時間
◆EDの薬は通販でこっそり買うことができます
ED治療薬 通販
◆代表的なED治療薬と比べると持続時間が倍以上もある薬があります
メガリス