現代のED治療薬は初代の失敗を参考にしている

現代の多くのED治療薬は、初代のED治療薬の失敗から学んで薬を作っています。初代に作られたED治療薬はバイアグラという名前の薬であり、この薬は世界で最初に発売された薬として最も有名な治療薬として存在しています。近年でもバイアグラを入手することは出来ますが、近年はバイアグラを参考にしたより良い薬が開発されていますので少なくとも日本国内の病院で処方してもらう時にはバイアグラではなく最新の薬をもらうことがほとんどです。
バイアグラは、確かにED治療薬として勃起力の改善に大きな力を発揮しましたが、副作用の観点から見るとかなりの失敗でもあった薬なのです。基本的に、普通の薬は食事をとった後に免疫力の向上を目的として薬を服用するものですが、バイアグラの場合は血中濃度をかなり変化させる性質を持っている薬であったため、食事によってさらに血中濃度が変わるとバイアグラと反応して良くない副作用を引き起こしてしまうことが多かったのです。そのため、バイアグラを服用するときには空腹が絶対で、お腹に何か入れてから服用することは推奨されていませんでした。また、薬の成分に関して問題があって特定の成分と非常に相性が悪いものが含まれていました。その結果、目に副作用が生じたりして後遺症が残ってしまうこともあったわけです。
こうした初代バイアグラが開発されて以降は全ての薬がこのバイアグラを改良するところから始まって、近年ではバイアグラの時代にあった失敗はほとんどなくなりました。実際に、薬を服用するときにも食事をとっても良いことになりましたし、バイアグラよりも効果が自然発生的に生じるようになったので副作用が生じる患者は全体のわずか5分の1程度にまで減少したのです。